アンダーヘア ヒートカッター

アンダーヘアはヒートカッターで処理するのがベスト!

悩ましいアンダーヘアの処理・・・
アンダーヘアの処理方法は人によって異なりますが、ヒートカッターで処理するのが一番です。

 

 

 

カミソリで剃ったり、抜いたり、ハサミや脱毛サロン、除毛クリームで処理する人もいますが、
以下のような難点があるため、私はおすすめしません。

 

× カミソリで剃る・・・数日経つとチクチク痛痒くてなって耐えられません。
× 毛抜きで抜く・・・抜いた箇所から出血が出たり、ばい菌が入ったりで後で大変な事に。
× ハサミでカットする・・・切った毛の断面が尖っているのでチクチクし、毛がパンツから突き出てしまいます。
× エステで脱毛・・・お金と時間ががすごくかかるし、何回も通ってられません。
× 除毛クリーム・・・毛を溶かすので刺激が強く、肌荒れが起きる。塗った箇所の毛が全部なくなる。

 

ヒートカッターで処理すれば、切った毛の断面が丸くなり、チクチクすることもありませんし、
肌に負担をかけることもなく安心してアンダーヘアの処理ができます。

 

〇 ヒートカッターで処理・・・毛の断面が丸くなるのでチクチクしない。理想の長さ、デザインに整えられる。

アンダーヘアの処理に最適!おすすめヒートカッター

Vライントリマー LCオリジナル(セット)

毛先を丸くカットすることでチクチク感なく、理想の長さとデザインのアンダーヘアを手に入れることができます。ペン型で乾電池式なので場所も取らずに持ち運びも楽々!硬い剛毛も柔らかくふわふわな毛へと導いてくれるシナヤカウォッシュとセットで使用することでさら効果的!理想のアンダーヘアを手に入れることができます。付属のアタッチメントコームを使うと7mm程度お長さにまで揃えることができます。

 

 

 

Vライントリマー フローラ

充電式でハイパワー!より広範囲の毛の処理がしたいならVライントリマーフローラがおすすめ。充電式なのでLCオリジナルより重く、ひとまわり大きくなるので収納スペースを確保する必要があります。持ち運びには向いていません。

 

 

 

ラヴィア プティコVライントリマー

太さがあるのでで手が小さい人には持ちにくいかもしれませんが、手のひらサイズの可愛い形が人気のラヴィアVライントリマー!2cm程度の長さを残してのアンダーヘア処理が可能!

 

 

 

アンダーヘア処理を除毛クリームで行って失敗した経験・・・

私がアンダーヘアの処理を思い立ったきっかけは、今から3年前、大学院生の頃でした。
当時、友人の友人として知り合い、いい雰囲気になっていた男性と、夜のデートをすることが決まったのです。

 

私は、以前におつきあいをした男性と一晩過ごすときは、アンダーヘアを処理したことはありませんでした。
そのことで男性側から不満を表明されたこともありませんでした。
「別に、生えていても、いなくても、どっちでもいい…」というのが、大方の意見のようです。

 

アンダーヘアを処理しようと思ったのは、私の気まぐれな思いつきだったのです。
インターネットのサイトで、最近の若者は処理をすることがトレンドになっているし、
海外ではそれが当然だ、という内容の記事を見て、その方が、印象がよくなるかな、と思ったことが理由でした。

 

大手通販サイトから「プレミアムリムーバークリーム」という除毛クリームを取り寄せました。
値段は、2,000から3,000円程度でした。

 

私は風呂場で鏡を見ながら、自己処理を開始しました。成果は、完璧でした。
10分程度で、余分なアンダーヘアは除毛クリームとともに「つるり」と無くなり、
短く整えられた必要な分だけのヘアが残っていました。
これなら、可愛いレースのショーツも自信をもって履くことができます。

 

結論から言うと、私のアンダーヘア処理初体験は、当初首尾よく済み、彼とも楽しい夜を過ごすことができました。
当然ですが、彼は私のアンダーヘアについて何も言いませんでした。
私は、いつもより少し大胆になれたような気がしました。

 

ところが、「あれ…、失敗だったかな?」と思ったのは、それから5日後のことです。
一度きれいになった場所から、再び毛が伸び始め、私は徒歩で通学することが苦痛になりました。
歩くたびに、チクチクとした感触があるのです。

 

 

それは、耐えようと思えば、耐えられないといったほどではありませんでしたが、小さな精神的ダメージが蓄積してゆきました。
なかなか、人に相談できることではありませんから、愚痴を言うこともできません。
そのチクチクは、1週間ほど続きました。

 

それから私は1度もアンダーヘアの処理をしていません。
一度処理をすると、また、あのチクチクの期間がやってくるのかと考えるだけで憂鬱になるからです。

 

アンダーヘアの処理法は様々なものがありますが、私の方法が成功とは言えないことは確かです。
繰り返されるストレスフルな期間を耐え凌ぐことは、有効な時間の使い方だとは思われないからです。
アンダーヘアの処理をするならヒートカッターで処理するのが無難です。

T字カミソリでアンダーヘアの処理をしたら大変な事に・・・

私がアンダーヘアを初めて処理したのは、高校2年生の夏でした。
当時年上の彼氏と付き合っていた私は、デートで初めて湘南の海に行くことになりました。

 

デートが決まった当初から、ビキニからはみ出るVラインの部分は処理しなければまずいなぁ・・・
と思っていましたが、彼の性的趣向も以前から聞いていた私は、
思い切ってアンダーヘアを全て無くしてしまおうと考えました。

 

デート前日の夜、むだ毛処理用のT字カミソリと鏡を用意して早速処理を始めました。

 

 

今まで一度も処理した事のないアンダーヘアだったため、カミソリをそのままあてるだけでは
上手く剃れそうにないため、まずは眉毛切り用の小さなハサミで毛をカットしていきました。

 

その作業だけで、慣れないこともあってか30分程かかってしまいました。
その後、シェービング用のクリームで剃っていきましたが、T字カミソリの刃が思いのほか大きく、
特にIゾーンの部分を上手く剃る事が出来ませんでした。

 

結局、シェービングクリームを塗っては剃り、剃り残しを確認し、
また塗っては剃りといった作業を3回程繰り返し、
結局トータルで1時間以上処理に時間がかかってしまいました。

 

なんとか処理を終え、デート当日。
朝から水着で海に遊びにいきました。
ですが、シェービングの際に少し肌を傷つけてしまったようで、
海水が肌に染みてしまい、とても痛い思いをしました。
幸い、ただれるような事は無かったのですが、うっすらと赤くなってしまい、
海にあまり入りたくなくなってしまいました。

 

彼に「どうしたの?」と聞かれた所で上手く説明する事が出来ず、
ただ海に入らない理由をはぐらかしながら過ごしました。
夕方過ぎになると、少し毛が生え始めて青くなってしまい、
『ジョリジョリ』とした嫌な肌触りになってしまいました。

 

その日の夜は恥ずかしくて彼と一緒に寝る事が出来ませんでした。
その後もよく見ると、埋もれ毛のように皮膚の中で毛が渦を巻いてしまっている毛穴を発見したり、
少しずつ生え揃ってきた毛が下着と擦れてしまって、1週間程は非常に痒い思いをしました。
あの時、T字カミソリではなくヒートカッターで処理しておけば・・・と今になって後悔しています。

初めてアンダーヘアの処理!これが大失敗・・・

今から8年前ぐらいのことで、私が25歳だったと思います。
外で働く接客業の仕事をしており、夏でもパンツスーツにタイツを履いていたので
股のあたりがかぶれやすく、薬を塗っても痒みが治まらない時がありました。

 

そこでアンダーヘ アを処理すると痒みが止まるかもしれないと、一度剃ってみようと思いました。
家にあった薬局で3本セットで売られているような普通のカミソリ(商品名は覚えていないです)で
毛を剃りましたが、思ったより大変でした。

 

カミソリに毛はとても絡まるし、水ですすいでもカミソリから毛が離れなので手でむしりとるしかありませんでした。
少し剃ってはカミソリから毛を取り除き、また剃っては取り除き、の繰り返しをしていました。
そこまで剃るのはその時が初めてだったので、腕や足 に比べてなんて大変なんだろうと思いました。

 

また上の方はともかく下の辺りは見えにくい箇所なのでスムーズに剃れず、
おそらく全部 終えるのに15〜20分くらいはかかったと思います。
腕や足なら全てを剃っても5分ぐ らいで終わるのでその3〜4倍はかかりました。
全部を剃るつもりは無かったのですが、 なんとなくどこまでを残していいか分からず、全部を剃りあげてしまいました。

 

剃った 後、その日は洗いやすいし、股がスースーするなという感じで何事もなく終わりました。
けれど、2日目に今まで以上に痒みがきて、それが3日間ぐらい続きました
外の仕事なので 掻くに掻けず正直、剃るのではなかった、と思いました。

 

 

その後も痒みはおさまったものの、しばらくはちくちくして気持ちが悪いし、
一番困ったのは外で温泉や共同浴場に入る時に人の目を気にしなければいけなかったことです。
きれいに剃っている人はいますが全部を剃っている人はなかなかいないのでとても恥ずかしかったです。

 

元のように伸びるのにも思ったより時間がかかりました。
カミソリでは無く、ヒートカッターなどで処理すべきだったと思うのですが、
その時はカミソリで処理することしか頭にありませんでした。

 

その失敗の後は水着を着るときなど、必要に迫られた時に少しだけしか剃らないようになりました。
痒みは薬局で相談し、強い薬を出してもらうことで対処しました。