アンダーヘア ヒートカッター

アンダーヘアを毛抜きで抜いて大失敗した経験・・・

私がアンダーヘアを気にし始めたのは高校に入ってからです。
そんな周りとまじまじ比べることはできませんが、どちらかといえば毛深くて、量、範囲が広く、
Vラインに関してはショーツから完全にはみ出るので処理する必要がありました。

 

まず、最初に使用したのは剃刀です。
どうやって処理していいのかわからずとりあえず家にあった眉毛を整えるための剃刀を使用しました。
けれど、使用していたのが安全カミソリではなかったため、数回やっているうちに
手を滑らせて思いっきりざっくり切ってしまいました。

 

 

誰にもいうことも出来ずとりあえず絆創膏を貼ってしのぎましたが、
痛いし恥ずかしいし…それからは安全カミソリを使うようになりました。

 

カミソリでの処理は、けが以外にもまだ二つ、失敗がありました。
一つは剃った部分の肌が荒れてしまうこと、もう一つは生え始めがチクチクして痛痒いことです。
剃って肌が荒れてしまった上に、痛痒さからかきむしったことにより、処理した部分が
真っ赤に腫れ上がってしまいました。

 

とりあえず軟膏を塗って、何とかおさまった頃にはまたむだ毛が気になって…の繰り返しです。
もともと私の肌が弱いこともあり、デリケートな部分でもあり、カミソリ負けがひどく表れてしまったのだと思います。

 

それでも処理しないわけにはいきません。
なので、カミソリで剃った2日後くらいに、さらに毛抜きで生え始めてきたむだ毛を抜くようにしました
痒さが一番ひどい生え始めのころに抜いてしまえば、かきむしることもなく済むので赤く腫れ上がることもなくなりました。

 

いい方法を見つけたな、と思い何度か実践してしばらくたったころ、処理した部分に黒い点や線が多くあることに気づきました。
黒い点、ぶつぶつはなんなのかわかりませんでしたが、おそらく抜いたことが原因だろうとは思いました。

 

黒い線は埋没毛です。
もう黒いぶつぶつに関しても埋没毛に関しても放っておけばいいものを、どうしても気になってしまい、
毛抜きで何とか掘り返して抜いたりしたところ、かさぶた、赤いぶつぶつだらけになってしまいました。

 

これまではVラインの話ですが、もうしばらくするとIラインも気になるようになりました。
こちらもやはり量が多かったので、生理の時など毛に経血がついて固まってしまったり、
ナプキンの中で非常に蒸れたりしたからです。

 

Iラインも同じようにカミソリを使用し、肌が荒れたこともありますが、本当に失敗したな、と思ったのはカンジダにかかったことです。
Iラインの処理が原因かどうかはわかりませんが、初めてかかったのがIライン処理の後で、
その後も何度か繰り返したのでたぶんそうなのではないかと思います。
Iラインをカミソリで処理する際、皮膚を伸ばすため性器付近も指先で触れることがあったので、
そういった細菌にも注意が必要だと思いました。

 

やはりアンダーヘアはヒートカッターで処理するのが一番いいと思います。
チクチクする不快感もありませんし、好みの長さ、形に切りそろえることができますからね。